権利関係を正しく理解するため

映像

youtubeの動画を作成する場合、音楽を入れるとすれば、そこに著作権の問題が管理しています。音楽といっても、自分で作ったものならば何ら問題はりません。しかし、すでに有名になっている音楽やほかの人がCDを出して発売したものなどは著作権が関係してくるでしょう。違反をしてしまった場合には、10年以下の懲役か1000万円の罰金と定められています。youtubeの場合には、動画を勝手に削除されてしまいますが、それでも問題が起きないとは言い切れません。この場合、素人が調べることができる範囲は限られています。もし気になる場合には、プロの法律事務所などにお願いした方がよいでしょう。この時の利用目的は、自分が動画を作成しそれを自由に流す権利を保護するものです。

専門的なところを選ぼう

youtubeの音楽に関する著作権を見る場合、弁護士など選ぶことにより、問題を起こさないことができるだけでなく、問題が起きた場合にも活躍してくれるでしょう。ただ、弁護士といっても様々な種類の人がおり、それぞれ専門分野を持っていますのでだれでもよい訳ではありません。どのような人を選んだらよいか問題になりますが、これに関しては専門的な勉強をしている先生にお願いをした方がよいでしょう。今まで何度か音楽に関する権利が争ったことがある先生やその道のプロフェッショナルな先生になります。このような人に対しては、幅広い質問をすることができるだけでなく、最も妥当な答えを導いてくれるはずです。

利用する場合の注意点

youtubeでの音楽の著作権に対して弁護士を利用する場合には、その道の専門であることは言うまでもありませんが、それに加えて顧客のことをよく考えてくれる先生がよいでしょう。最近は弁護士も様々な人がおり人数も随分と増えています。一説によれば、毎年弁護士になる数は3000人前後なのに対し、退職する人は300人ほどしかいないとされているわけです。そうすると、法律問題の数はそれほど昔と変わっていないのに、弁護士の数ばかりが増えてきている現状です。そうすると、どのような事が起こり得るかといえば、弁護士同士の競争が激しくなるわけです。顧客から気に入られない人は、自然淘汰されて行きいつの間にかこの業界から姿を消しているでしょう。このように考えるならば、それほど腕の悪い弁護士や顧客に対して失礼な態度をとるような人は自然淘汰されるわけですので、そのような弁護士を少ないといえます。ですが、信頼できない先生が全くいない訳ではなくたまにそのような人もいますので、一回相談などをしてみて接客がどのようになっているかを確認しておくべきでしょう。

広告募集中